突発性難聴の耳鳴り原因とは

突発性難聴は突然、耳が聞こえにくくなり言葉や音などが聞き取りにくくなってしまう病気です。

 

世代を問わず発症し、男性でも女性でもある日突然発症する病気です。

 

 

突発性難聴の主な初期症状には片方の耳に何か詰まっているような感じがする、片方の耳だけ音が聞こえにくい、めまいのような症状が起こることがあり症状の出方には個人差があります。

 

 

症状が進んでいくとめまいや耳鳴りなどが起こるようになってきます。

 

 

突発性難聴の症状である耳鳴りはキーンと言うような耳鳴りで、耳鳴り原因とは耳の奥にある蝸牛と呼ばれる聴覚器官の細胞に何らかの異常が起こってしまうためで有毛細胞の毛が折れたり、落ちたりしていると耳鳴りが起こりやすくなります。

 

 

多くは疲労やストレスなどが原因で異常を起こしてしまうため、耳鳴りがすると言った場合には睡眠をしっかりととって体を休めたり、気分転換の時間を作ることも大切です。この耳鳴りをそのままにしてしまうと慢性化して耳が聞こえにくい状態が悪化してしまうこともあります。

 

 

突発性難聴の治療は早期に始めるようにすることで大きく改善することができるので、突然耳が聞こえにくくなったと言う場合には早めに医療機関を受診することが大切です。

自分でもできる突発性難聴耳鳴りの治し方とは

突発性難聴の耳鳴りの治し方とは、いくつかあります。

 

病院に行っても、どうすることも出来ないそのままにするしかないと言われることもあります。

 

 

その原因によって異なりますが、まずはセルフケアとしてツボ押しがあります。

 

聴宮(ちょうきゅう)という、耳の穴付近にある、口を開けた時に、へこむ部分があります。

 

 

この部分を押すことで、耳鳴りが改善されます。
また、同じくセルフケアとして耳たぶ回しというのもあります。

 

 

その名の通り、耳たぶを軽くひっぱりながら回します。
この刺激が耳の中まで伝わり、耳鳴りが改善します。

 

 

手の爪部分をもむ、爪もみも副交感神経が活発になり、リラックスする効果があるので、耳鳴りで眠れない時などにやってみるのもよいでしょう。
その際、薬指は交感神経を活性化してしまうので、気を付けましょう。

 

 

その他、突発性難聴やそれによる耳鳴りは、ストレスにより血行不良が関係していることも、多くあります。血行をよくするために、電子レンジなどで温めたタオルで首元を温めるなどすると、改善することがあります。

 

 

その他、身体の全体的な歪みから発生している場合もあるので、整体に行ってみるのもよいでしょう。お灸や鍼も、身体の血行改善に効果的ですので、耳鳴りが治ることがあります。

突発性難聴の治療後、聴力回復しても耳鳴りが続く原因とは

突発性難聴の治療後、聴力回復しても様々な後遺症が残ることがあります。その主なものとしては、耳鳴りが続くことが挙げられます。

 

この耳鳴りが続く原因とは、主にストレスによるものです。

 

 

そもそも、突発性難聴自体が、ストレスによるものが有力(現在のところ、確証は得られていないと言う点には注意する必要があります)と言われているため、ストレスが続けば、その後遺症が残るのは、ある意味で当然のことです。

 

 

そのため、突発性難聴の後遺症としての耳鳴りを和らげるためには、まずストレスをため込まないことが重要となります。
ストレスを解消する手段を見つけたり、マッサージやストレッチなどを行い、意識的にリラックスしたりすることで、ストレスを発散していった方が良いでしょう。

 

また、黒豆、ゴマ、くるみなどの耳に良い食べ物やサプリメントを摂取したり、鍼治療を受けたりすることも効果があると言われています。

 

 

ただし、突発性難聴の治療が終わったと思っていても、単に一時的に症状が和らいだだけであり、それが再発したという可能性もあります。

 

 

そのため、明らかに突発性難聴に関連した耳鳴りであると思われる場合は、まず、もう一度医師に相談してみた方が良いでしょう。